派遣留学生からのレポート

アメリカ・イリノイ大学シカゴ校

学校の詳細
最終更新日:2013年5月 7日

月間報告書(4月)

                    

                      教育学部4年(イリノイ大学シカゴ校)

 

1.  勉学の状況

4か月前にはあんなに分厚いと感じていた教科書のページ数もふと気が付くと終盤に差し掛かり、spring semesterももうそろそろ終わりを告げようとしています。各授業ともいつも通りのペースで進んでいますが、学生はもうすぐ控える期末テストにそわそわしているように感じました。図書館や寮の自習室に遅くまでこもる学生も増えてきて、私ももうそろそろ本腰を入れてテスト勉強に臨まねば、と気持ちを引き締めています。テストが近づいているとはいえ課題の量はいつもと変わりませんが、これも8カ月の留学生活で慣れました。毎日何かしらの理由で机に向かっていなければどこかそわそわして「なにか他にやることはないか?」と思うようになったことが、慣れたと感じさせる原因かもしれません。自分の学習に対するモチベーションというか向き合い方が留学を通して明らかに変化し、とてもよい収穫だと感じます。この慣れを日本に帰国してからも持続させていきたいと思います。さて、課題が私を呼んでいるので()

 

2.生活の状況

 4月ですが、シカゴは夏になりました。正確には夏「みたいに」なりました。20度を超す日が続き、サッカー部出身ながら暑さにめっぽう弱い私は完全にノックアウトされています。風がある日はまだしも、無風の日はまさにサウナ地獄です。気休めで頻繁に冷水で顔を洗い、つかの間の涼しさを求めています。ただ、たかが20度です()。これを暑いと感じるのは、シカゴの気温の低さに慣れてしまったのだなと感じました。実際、8か月前にこの地に降り立った時は20度くらいで寒すぎると感じていましたので、慣れは怖いです。この先、日本の夏を生きていけるか心配です。こんな夏の「ような」シカゴですが、キャンパス内は緑いっぱいでとても涼しげです。芝生に寝転んでパソコンをカチカチしたり仮眠をとったり、木陰で涼んだりしている風景が多くみられるようになりました。また、花も続々と開花し、これをみてやっぱり「春」だなと再確認しました。シカゴは「春」まっさかりです。


派遣留学生からのレポート

タグクラウド

各種データ

Liberal Arts

skipwiseが君の未来を変える!

海外留学支援室(海外留学相談)
国際教育センター1階

資料等閲覧 9:00~17:00
留学相談 10:00~16:00
TEL : 043-290-2190
E-mail :
kaigai-ryugaku@office.chiba-u.jp
PAGE TOP