研究のお知らせ

Japanese Studies and Global Study Progam >> 研究のお知らせ >> 国際日本学シンポジウムの開催(2017年3月5日)

国際日本学シンポジウムの開催(2017年3月5日)

この度、千葉大学国際教養学部にて「日本学」への教育的アプローチに関する教育研究シンポジウムを開催しました。

【テーマ】 今、教育の場で起こす「日本学」「国際日本学」の再考

「日本」を海外に発信する 近年、「グローバル」という名の教育的取り組み(グローバル人材育成推進事業、スーパーグローバルハイスクール 等)の目標にも示されるように、「日本人」が「日本」を考えるための「国際日本学」が求められています。しかしながら、教育の場でそれをどう実施すべきか、という必要性に応えるための議論は未だ不十分であるといえます。本シンポジウムでは、国内外におけるこれまでの「日本学」の教育実践を提示し、今日の教育現場から生まれた「日本学」への新しいアプローチに迫ります。

P1070388.JPGP1070426.JPGP1070419.JPGP1070394.JPG


日時201735日(日)13:0016:00
場所:千葉大学 西千葉キャンパス けやき会館 大ホール
主催:千葉大学国際教養学部
参加費:無料

【プログラム】
13:00
13:05: 開会の挨拶
13:05
13:35: 「国際日本学」の行方

<セッション1>
13:35
13:50: アメリカの日本研究所における「日本学」の視点
13:50
14:05: 留学生教育としての日本事情から日本学へ
14:05
14:20: 日本の大学での学部課程プログラムとしての「日本学」

<セッション2>
14:30
14:45: クリティカル日本学としての「日本学」
14:45
15:00: 協働性を起こす「日本学」
15:00
15:15: 教養教育へのアプローチとしての「国際日本学」
15:15
15:55: ディスカッション

15:55
16:00: 閉会

【登壇者】 ハーバード大学ライシャワー日本研究所ギャヴィンH. ホワイトロー, エグゼクティブ・ディレクター 千葉大学 JPACコーディネーター 吉野文准教授;北海道大学現代日本学プログラムコーディネーター フィリップ・シートン教授;千葉大学国際教養学部 ガイタニディス・ヤニス助教;千葉大学 国際教養学部 小林聡子助教;千葉大 高等教育研究機構 新倉涼子教授

20160124国際日本学-ポスター.jpg

PAGE TOP