研究

研究成果

雑誌論文

1.和田健(2015)「『気づき』を記述すること―協同学習としての『座談』と『書くこと』に関する覚書」千葉大学国際教育センター編『国際教育』第8号、p.1-18

【概要】本稿では、受講者があるテーマをもとに自身の考えをグループ内で話していく作業(ここでは「座談」ということばで表現したい)のあとにその成果を振り返ることを目的とした 「書く」作業を対象とし、受講者が何を発見し、そして次の議論につなげていくかを見つけていく方法の可能性について書き記しい。具体的にはグループによる話し合い、意見交換そして座談の過程を自らが振り返る作業を通じて書かれたものを通じて、授業を受けた学生がいかに座談の内容をフィードバックしているかについて、筆者は考えたいのである。あくまで筆者の授業実践によるケーススタディであり、今後のPBLを意識した協同学習において、「書くこと」にどのような可能性があるかを考察する覚書として記していきたい。

本文PDF

2.吉野文・西住奏子(2015)「『二言語併用ゼミ』の場面における参加者の言語使用―座談の分析に関する一試論―」千葉大学国際教育センター編『国際教育』第8号、p.35-50

【概要】本稿では、「二言語併用ゼミ」における参加者の言語使用の実態を探るために、「異文化交流演習」の授業を取り上げ、グループワーク(座談)の談話を会話分析の手法で分析した。対象としたデータでは、日本人の参加者は英語に対して、留学生の参加者は日本語に対して強い志向を持っていたが、日本語のあいづち、コードスイッチングによる発話内容の繰り返し、他言語のリソースなどを活用しながら、参加者が談話を協働的に進行させている様子が見られた。また、コミュニケーションの問題が起きると、原因に応じて日本語、英語の両方を用いて解決が図られていた。参加者の言語能力が多様な「二言語併用ゼミ」のグループワークでは、言語使用の実態も学生の組み合わせによって異なる様相を見せるものと予想される。言語使用に関わる要因や共通する規範を探っていくことが今後の課題である。

本文PDF

3.ガイタニディスヤニス・小林聡子・西住奏子・吉野文・和田健(2016)「『日本』を題材とした協働学習の仕掛け」千葉大学国際教育センター編『国際教育』第9

【概要】本稿は、筆者ら5名が共同研究として取り組んだ、参加者の言語的文化的多様性を前提とした協働学習に関する実践研究の結果を報告するものである。「日本」を題材とする4つの学部生向け教養科目(「時事から日本を考える」、「現代日本の宗教と社会」、「バイリンガリズムと言語学習」、「異文化交流演習」)を取り上げ、担当教員がどのように学習の場を設定したか、またその結果どのような気づき、学びがあったかを談話データ、コメントシート、フォローアップインタビューなどをもとに分析した。本研究では、協働学習を学生間の対話のプロセスを重視する学習形態を表すものとして捉え、知識、言語、経験など参加者の多様性・差異を肯定的に見なすとともに、そこから生じる学習過程における葛藤にも注目した。「座談」、「協働論証」と名付けた対話の手法、対等な参加を促すための仕掛けの必要性と具体例を紹介するとともに、今後の課題について述べた。

本文PDF

学会発表

1.吉野文・和田健・西住奏子・小林聡子・ガイタニディスヤニス「『日本』を題材とした協働学習の仕掛け」第20回大学教育研究フォーラム、2015314日、京都大学

【概要】グローバル化の進む現在、自らの相対的な立ち位置を知り、論理的、多元的な考え方を習得することは、大学教育の大きな目標となっている。本セッションで取り上げるのは、いずれも「日本」を題材とし、社会的文化的背景の異なる学生の協働学習を取り入れた一般教養科目である。日本で学ぶ学生に共通するテーマを核として、多様な学生間の対話の場を設けることにより、上記の目標に合致した学びを生み出すことが意図されている。課題提供者は、教室におけるグループ活動の談話データ等を用い、そこでどのような学びが起こっていたか、各授業における教員の仕掛けがどのように機能したかを具体的に検証する。4つの話題提供および質疑応答をそれぞれ25分ずつ行った後、こうしたアプローチによる仕掛け作りの可能性と留意点について参加者とともにディスカッションを行う。

予稿集PDF

2.西住奏子・吉野文「日英二言語併用科目における留学生の言語運用の変容―初中級レベルの日本語学習者の座談の分析―」日本語教育学会2015年度第8回日本語教育学会研究集会(東北地区)20151121日、秋田大学

【概要】千葉大学国際教育センターでは、社会的文化的背景、言語的背景の異なる留学生と日本人学生が、双方向に学び理解を深めることを促す「協働学習」を意図した科目を多数開講 している。中でも、英語・日本語を参加者の共通言語とする「二言語併用科目」は、語学力に不安があっても、二言語を使って助け合いながら学ぶ授業と位置付けることができ、 学習言語を運用する場と捉える学生も多い。本発表は、そのうち西住が担当する二言語併用科目の「異文化交流演習」において、コース前半と後半に収集した2つの会話データに注目し、留学生の二言語による会話運用能力に関する変容について論じる。「異文化交流演習」は、毎回異なる日本社会、日本文化の事象を取り上げ、留学生と日本人学生が対等な立場で話し合い、話しながら考え、相手の話を聞きながら気づきを深める談話形式(座談)を中心に進めている。2014 年後期の授業で録音した同一グループの座談(日本語は初中級レベルかつ英語が母語または上級レベルの留学生2名、および日本人 学生2名)を分析したところ、コース前半の座談では、英語のみ、あるいは日本語のみで話を続けることで、誤解が生じた場面、また明らかに相手の発話が理解できなかったにも関わらず聞き返すことなく次に進む場面が見られた。一方、コース後半の座談では、日本語による発話が増え、互いの理解を確認しながらよりスムーズに相互行為が行われる様子が観察された。具体的には、日本語発話に英語を埋め込むことで、日本語話者からその部分の日本語による表現を引き出すプロセス、日本語で応答し日本人学生からの質問を増やすプロセス、さらに、あいづちを打つことで相手の発話を促すプロセスが見られた。 留学生は二言語併用の座談を通して、自身と相手の言語能力など場の状況に合わせた言語使用をすることで、相互理解を深めながら会話を進める能力を獲得していると考える。

予稿集PDF

3.Gaitanidis, I. & Shao-Kobayashi, S. "De-Racializing Japaneseness: A Collaborative Approach to Shifting Interpretation and Representation of "Culture" at a University in Japan." Comparative and International Education Society 2016 Conference in Vancouver

【概要】In the past decade, a series of reforms aimed at making Japanese universities more competitive on a global scale have pushed for the creation of a variety of courses that prepare students to study, volunteer, or find work abroad. Many of these courses focus on the Japanese students' ability to comprehend, debate upon, and present about Japanese culture and society to a broad audience, using the English language. Yet, in the process of conducting these courses, instructors are bound to face a question that has preoccupied research on racial homogeneity and minorities in Japan since at least the early 1990s: Who are the "Japanese" we are talking about? As most academic work on this question has shown, the word Japanese conflates notions of race, ethnicity, language, citizenship, and culture and university students frequently mix all of these associations when they are asked to talk about a specific aspect of Japanese culture. This paper focuses on the process and product of instructor-students' interactions in the framework of a collaborative learning course, called Global Project Work: Presenting About Japan in English, which the authors co-taught under the Liberal Arts curriculum of a Japanese university. More specifically, we show how, inspired by Bakhtin's polyphony and dialogism, we set up and engaged with students, encouraging them to break down the aforementioned conflation of race and culture into its constitutive components.

4.Gaitanidis, I. "Japanese Studies as a Liberal Arts subject: Area Studies and Cosmopolitanism in Japanese higher education," BAJS/IMC Conference, 29-31 July 2016, Hokkaido University.

【概要】In 2012, MEXT launched the Project for Promotion of Global Human Resource Development, a five-year internationalization plan that aimed to 'overcome the Japanese younger generation's "inward tendency" and to foster human resources who can positively meet the challenges and succeed in the global field, as the basis for improving Japan's global competitiveness and enhancing the ties between nations.' The new curricula that were developed in response to MEXT's scheme theoretically pushed for the cultivation of cosmopolitan students able to talk about and critically reflect on "Japanese" culture and society, an approach that seems to reiterate what Ajurn Appadurai once identified as the advantage of an area studies education, namely 'the restoration of the primacy of the liberal-cosmopolitan ideal of discipline' (Appadurai, 1996, 35). This paper examines these new curricula from a Japanese Studies perspective, using examples of actual courses taught at a university that was the recipient of MEXT's aforementioned grant. My analysis will show that students are actually facing a combination of several conflicting discourses regarding "Japan," spanning the entire spectrum of modern ideologies, from cultural nationalism on one end, to cultural relativism on the other. This situation, however, combined with the recent emphasis on active learning in collaboration with international students, seems, in fact, to be opening the way to new applications of the Area Studies paradigm in higher education, a paradigm that, in this case, I call Critical Japanese Studies.

Appadurai, Ajurn. 1996. Diversity and Disciplinarity as Cultural Artifacts. In C. Nelson and D.O. Gaonkar (eds), Disciplinarity and Dissent in Cultural Studies. New York: Routledge.

5.Gaitanidis, I. & Shao-Kobayashi, S. "Not who you are, but what you do: Collaborativity beyond language and culture," Japan in the World and the World in Japan: A Methodological Approach, December 3rd and 4th, 2016, Otemae University.

【概要】In recent years, the internationalization of Japanese higher education has led to the implementation of several types of English-medium instruction courses, which are often part of a broad, liberal arts or general education curriculum (Brown 2014). Combined with the top-down push for more students to complete long or, more frequently, short-term study abroad programs (see the 300,000 foreign students by 2020 MEXT campaign), Japanese universities have witnessed an increase in the number of programs that target the understanding of a "foreign" language or culture by visiting another country or by participating in summer/spring intensive workshops held in English, and which are also attended by short-term international students who come to Japan for that purpose. This paper presents a preliminary analysis of a series of short-term collaborative learning programs which aim at promoting the reflexive understanding of an academic topic using Japan as a local context. These Global Study Programs (GSP) have been organized by Chiba University since August 2013, with university partners from several countries (Vietnam, Finland, Greece, Malaysia and Germany) and are usually attended by approximately 15 students from each side. In the process of ensuring the academic quality of GSPs, despite, or rather because of the participation of students from several cultural, disciplinary and linguistic backgrounds, it was essential, in our opinion, to build a course that fosters collaborativity and goes beyond mere language or cultural understanding; in other words, a course that is on the hard side of CLIL (Bentley 2010) and offers specialized knowledge combined with cultural empathy and linguistic competency.

Bentley, Kay. 2010. The Teaching Knowledge Course CLIL Module. Cambridge: Cambridge University Press.

Brown, Howard. 2014. Contextual factors driving the growth of undergraduate English-medium instruction programmes at universities in Japan. The Asian Journal of Applied Linguistics 1(1): 50-63.

6. 吉野 文・西住奏子・小林聡子・ ガイタニディス・ヤニス「教養教育における協働学習の場の可視化 ―参加者の言語的文化的多様性を前提とした授業における試み―」(ポスター発表) 、第23回大学教育研究フォーラム、2017年3月19日・20日、京都大学

予稿集PDF.pdf

7.小林聡子・ガイタニディスヤニス「国際交流から協働性へ:国際協働学習授業グローバル・スタディ・プログラムを事例に」異文化間教育学会第38回大会、2017年6月17日~18日、東北大学

抄録原稿.pdf

8. Gaitanidis, I. "Japanese Studies at Chiba University," 15th European Association of Japanese Studies International Conference 2017, pre-conference event Japanese Studies in Japan: A New Trend? 29 August 2017.

PAGE TOP