ニュース

Japanese Studies and Global Study Progam >> ニュース >> グローバル・スタディ・プログラム 〜ギリシャの学生と協働で考える千葉県房総半島の地域活性化〜 公開最終発表のお知らせ

グローバル・スタディ・プログラム 〜ギリシャの学生と協働で考える千葉県房総半島の地域活性化〜 公開最終発表のお知らせ

poster_final_edited8.20.jpg

グローバル・スタディ・プログラム

〜ギリシャの学生と協働で考える千葉県房総半島の地域活性化〜

公開最終発表のお知らせ

 

千葉大学国際教育センターが短期集中の協働学習型留学プログラム「グローバル・スタディ・プログラム(GSP)」でギリシャのアリストテレス大学の学生を受け入れ、千葉県房総半島の地域活性化に関する調査・提案を協働で行いました。その成果発表を公開で行います。

 

GSPでは海外の協定校から留学生を受け入れ、協働学修を行っています。(期間:10日〜2週間/受入れと派遣は隔年で交替)。このプログラムの特色は、異なる専門知識や言語的・文化的背景の異なる学生が、少人数の混成グループで、英語を媒介言語としながら、協働で特定の課題に関する講義・現地調査・問題提起・解決案提示をワークショップ形式で進めていくことです。

 

両大学の学生は、86日~22日に4つの地域(長生郡一宮町、香取市佐原、君津市貞本、南房総市和田町)の活性化プロジェクトを、園芸学部大江靖雄教授、同学部齋藤雪彦准教授、工学部のモリス マーチン研究室、元工学部教授福川 裕一先生などの協力を得て調査しました。その過程で、ギリシャで起きている同課題に関する考察も取り入れながら、プロジェクトの運営者、行政、地位住民らと協働しながら、ディスカッションやフィールドワークを通じて、実施可能な解決案を思考しました。

 

地域活性化や協働学習に興味のある方は、是非奮ってご参加下さい。

 

<日時> 821日(金) 9:00~12:30 

<場所> 西千葉キャンパス 図書館1Fプレゼンテーションスペース 

<スケジュール>

09:00: 開会の挨拶:GSP6の概要の説明

09:45: Team 1

10:05: Team 2

10:25: Team 3

10:45: 休憩

10:50: Team 4

11:10: Team 5

11:30: Team 6

11:50: フィードバック

12:30: 閉会の挨拶

*http://cie.chiba-u.ac.jp/liberal_arts/001356.html

 


最近のエントリー

カテゴリ

授業資料ナビゲータ

moodle

千葉大学付属図書館

海外派遣留学

EnglishHouse

最近のエントリー

↑見出しをタップするとエントリー一覧が開きます。

カテゴリ

↑見出しをタップするとカテゴリ一覧が開きます。

skipwiseが君の未来を変える!

PAGE TOP