ニュース

Japanese Studies and Global Study Progam >> ニュース >> 《グローバル・プロジェクト・ワーク2公開発表会》実施報告

《グローバル・プロジェクト・ワーク2公開発表会》実施報告

国際教育センター(CIRE)が開講している普遍教育科目:教養展開科目「国際性を高める」の一つであるグローバル・プロジェクト・ワーク(GPW)では、様々な学部の学生が専門領域 の壁を越え、日本に関するプレゼンテーションを英語で行うためのスキルを学んできました。その成果を2月4日公開プレゼンテーションで行いました。

授業の概要:グローバル化が進む今日は自国(日本)について英語で紹介する機会が非常に多くなると予想されます。異なる文化の学生と知り合ったり、外資系の会社に就職したり、海外旅行に行ったりする日本人の数が増えていることは間違いありませんが、みんなが自国の文化の奥深さと多様性を紹介できるとは限りません。本科目では学生が主体となって、現代日本の文化・社会・技術の一側面を選び、それについて調べ、英語で発表することを目指しています。ブレインストーミング、意見交換、プレゼンソフトの実習、資料探しなどの共同・協働学習の場を経て、多様な文化背景やいろいろな価値観を持ったオーディエンスを想定したプレゼンテーションを作成することが目的です。

<日時>
  2月4日(水)16時10分から17時40分まで
  
<場所>
  アカデミックリンクセンター プレゼンテーションスペース

<プログラム>
16 : 10
 開会のあいさつ
16 : 15
 1)Yokai and Japanese Society(妖怪と日本社会)
16 : 35
 2)Touched by Touch(バレンタインデーの再考)
16 : 55
 3)Instant Ramen for You: Daily to Disaster Use (日常品から災害支援品へ)
17 : 15
 4)Closer than Ever (コミュニティの再活性化の制度について)
17 : 35
 評価&投票集計
17 : 40
閉会あいさつ

グループ毎に15分間の発表があり、聴衆の皆さまにも投票に参加していただきました。投票の結果はグループ1)が僅差で勝利となりました。

下記の発表の映像をご覧ください。

なお、GPWが来年度の前期・後期にも開講されるので、興味のある方はご参加ください。


最近のエントリー

カテゴリ

授業資料ナビゲータ

moodle

千葉大学付属図書館

海外派遣留学

EnglishHouse

最近のエントリー

↑見出しをタップするとエントリー一覧が開きます。

カテゴリ

↑見出しをタップするとカテゴリ一覧が開きます。

skipwiseが君の未来を変える!

PAGE TOP