一年次学部留学生の履修方法について

千葉大学国際教育センターHOME >> 一年次学部留学生の履修方法について

一年次学部留学生の履修方法について

学部留学生の履修基準(卒業に必要な単位)は、各学部の履修案内に示されているとおりです。入学した年度に配付された履修案内にしたがって必要な単位を修得してください。

1)日本語科目と日本事情科目について

「日本語科目」は、留学生のみが受講する日本語を学ぶ授業です。2019年度までは全学部の留学生にとって必修の授業でした。2021年度入学者は、教育学部の学生のみ必修科目となります。他の学部は任意での履修になります。

「日本事情科目」は留学生と日本人学生が混在して学ぶ共同学習の科目で、日本の文化や社会のことを学びます。「日本事情科目」は、以前は留学生のみが履修していた科目でしたが、日本人学生にとっては国際発展科目群の国際科目(展開)に位置づけられています。日本事情科目は教育学部の新入留学生のみ必修科目となります。『Guidance2021 』の科目一覧の備考欄に「日本事情科目」とある科目から選択してください。なお他の学部留学生は、日本事情科目から選ぶことをすすめますが、それ以外の普遍教育科目から自分自身の受講したい科目を選んでもかまいません。

2)「日本語科目」について

学部留学生を対象とする日本語上級科目は、日本語のレベルによって上級前半の日本語700番台と上級後半の日本語800番台に分かれています。700番台、800番台それぞれのなかではレベルの違いはありません。すべて独立した科目なのでそれぞれのレベルのなかでの履修の順序もありません。科目の内容等についてはシラバスで確認してください。

  • 日本語科目を履修する学生は、日本語受講登録システムにログインして日本語800番台または700番台の自己評価アンケートと日本語テストを受けてください。自己評価アンケートが20点未満、または日本語テストが65点以下のいずれかに該当する場合は、一つ下のレベルのアンケートとテストを受けた上で、受講するレベルと科目を決めてください。受講する科目は、まず日本語受講登録システムに登録する必要があります。
  • 登録した科目に出席し、日本語のレベルや開講曜日・時限に問題がないことを確認したら、学生ポータルでも同じ科目を登録してください。
  • 800番台の科目を履修する学生は700番台の科目を履修することはできません。700番台の科目を履修する学生は2年次に800番台の科目を履修することができます。
  • 学部留学生で700番台の日本語テストが65点以下の学生は、一部の600番台の科目(日本語602口頭表現1、日本語604文章表現、日本語606漢字1・2)も履修できます。600番台と700番台の2つのレベルを同時に履修したい場合は、担当教員(吉野文教授 ayoshino@faculty.chiba-u.jp)に相談してください。
  • 日本語科目を受講できるのは原則として2年生までです。

3)日本事情科目について

先述したように日本事情科目は、教育学部の新入留学生のみ必修科目になります。『Guidance2021』にある国際発展科目群【国際科目(展開)】のうち、備考欄に「日本事情科目」とある科目から選択してください。他学部の留学生は、日本人学生と同じ履修になります。なお国際発展科目群の科目は横断科目にもできます。詳しくは学部の履修要覧を確認してください。

千葉大学校友会 海外部門

日本語受講登録システム

一年次学部留学生の履修方法について

skipwiseが君の未来を変える!

千葉大学国際教育センター

〒263-8522
千葉市稲毛区弥生町1-33
TEL 043-290-2197
( 千葉大学留学生課
 国際教育センター担当 )
PAGE TOP