日本人との交流

千葉大学国際教育センターHOME >> 日本人との相互交流

日本人との相互交流

国際教育センターは、留学生が日本社会に適応し、また日本理解を深めていくために、日本人学生や地域の人々と双方向的に交流できる交流できる企画を提供しています。

(1)学生間の相互交流

1.千葉大学国際学生会(Chiba University Internatinal Student Group;CISG)

「CISG(千葉大学国際学生会)」は、国際教育センターが組織し、指導助言をしている学生グループで、留学生と日本人学生が協力しながら、様々な交流プログラムを実施し、相互理解を深めることを目的にしています。CISGが主体となっておこなう自国の文化紹介企画(ユニバーサル・フェスティバル)や新入生歓迎会などの実施については、HPやセンターや学部等の掲示板でお知らせします。また、「日本語で話す会(チャットルーム)」も定期的に行っています。

2.日本語授業ボランティア

国際教育センターでは、千葉大学に在籍する日本人学生に、語学としての日本語授業にボランティアとして毎学期、参加してもらっています。自分とは異なるものの見方・考え方、日本語のおもしろさ・難しさに触れるとともに、留学生と知り合うよい機会です。3月と9月に国際教育センターホームページ「新着情報」のところで募集開始のお知らせをしますので、興味のある学生はぜひ確認してください。

3.LEXプログラム

LEX(Language Exchange)プログラムは、週1回パートナーと会って、お互いの言語や文化を教え合うプログラムです。現在、日本語、英語、中国語、ドイツ語、フランス語、フィンランド語、スペイン語、韓国語、インドネシア語、タイ語等で実施されており、千葉大学では開講されていない言語を学ぶチャンスもあります。English Houseと共同で行っており、定期的に同じ言語を学ぶ仲間との交流会もあるため、幅広く千葉大学の学生と知り合うきっかけにもなります。4月と10月に募集しますので、興味のある学生はEnglish House、留学生課ISDでチラシを受け取ってください。

4.チューター

入学して間もないため、日常生活や大学での授業にまだ慣れていない留学生のためにチューター制度があり、留学生の指導教員が適当な学生をチューターに選定しています。

国際教育センターでは、チューターをしている日本人学生が、留学生と接する際の助言を行っています。一方、ボランティアでのチューターをやってくれる日本人学生について、随時募集しています。

なお、普遍教育科目として、ターム1・2で、日本人学生を対象とした「留学生支援入門」を開講していますので、興味ある方は受講してください。

(2)地域社会との相互交流

1.ホームビジット

地域の方々(個人あるいは国際交流協会会員など)の協力によって、留学生が、一般日本人の家庭生活に触れ、大学外での日本理解を深めるためのホームビジット(日本人家庭日帰り訪問)を、一部のプログラムの留学生を対象として、6月と12月に実施しています。

2.地域ボランティアによる日本文化紹介  

留学生支援をしているボランティア団体が連携して、工場見学のためのバス旅行などを年に数回実施しています。

また、茶道、浴衣の着付け等の日本文化紹介企画も行っています。

千葉大学校友会 海外部門

日本語受講登録システム

学部日本語・日本事情科目の取り方

skipwiseが君の未来を変える!

千葉大学国際教育センター

〒263-8522
千葉市稲毛区弥生町1-33
TEL 043-290-2197
( 千葉大学留学生課
 国際教育センター担当 )
PAGE TOP