日本語の授業

千葉大学国際教育センターHOME >> 日本語の授業 >> 西千葉キャンパスの日本語の授業

西千葉キャンパスの日本語の授業

1)開講レベルと対象学生

西千葉キャンパスでは初級から上級まで、すべてのレベルの日本語の授業が用意されています。このうち日本語上級の科目は学部留学生とJ-PAC生、それに学部レベルの特別聴講学生のみが受講できます。日本語初級から日本語中級までの科目は学部留学生以外のすべての学生が受講できます。また、600番台の科目の一部は指定された学部留学生も受講することができます。

表を左右にスワイプすると、隠れた部分を見ることができます。

表1
レベル 対象
上級 日本語800 学部生・J-PAC生
特別聴講学生
日本語700
中級 日本語600 すべての留学生
日本語500 J-PAC生・予備教育生・日韓理工系学部留学生・大学院生・研究生・専攻生・特別研究学生・特別聴講学生 ・研究者
日本語400
初中級 日本語300
初級 日本語200
日本語100

2)受講登録の方法

日本語上級

日本語上級は学部留学生とJ-PAC生、それに学部レベルの特別聴講学生のみが受講できます。学部留学生は、入学時の留学生向けガイダンスで行なわれるクラス分けテストによって、700番台を受講するか、800番台を受講するかが決められます。そのレベルのなかから受講する科目を自由に選択し、ほかの普遍教育科目と同様の方法で履修登録を行ないます。

J-PAC生は、コーディネーターの指示にしたがってクラス分けテストを受けてください。

学部レベルの特別聴講学生は、授業担当者(金田)に申し出た上で、クラス分けテストを受けてください。

日本留学試験(日留試)の成績が320点以上の学生は、日本語の必修単位(4~6単位)のうち2単位のみを指定の科目(「日本語の特徴(留学生)」、「日本語の文法(留学生)」、「日本語の諸相(留学生)」)のひとつ(2単位)で振り替えることができます。振替を希望する学生は、指定の期日までに必要な書類を留学生課に提出してください。

学部留学生のなかで、クラス分けテストによって日本語能力がまだじゅうぶんでないと判断された学生は、一部の600番台の科目を受講することができます。この科目を受講するばあいは、普遍教育科目での履修登録のほかに、つぎの「日本語初級、初中級、中級」で説明するWEB登録(日本語受講登録システム)も行ないます。

日本語初級、初中級、中級

日本語受講登録システムのページで「日本語科目受講案内」をよく読んでください。つぎに、自己評価アンケートとプレースメントテストに答えて受講するレベルを決定し、受講科目を登録してください。

短期留学生(J-PAC)、日本語研修コースの学生、日韓共同理工系学部留学生事業予備教育課程の学生は、それぞれプログラムのコーディネーターの指示に従って申し込んでください。

千葉大学校友会 海外部門

日本語受講登録システム

学部日本語・日本事情科目の取り方

skipwiseが君の未来を変える!

/

千葉大学国際教育センター

〒263-8522
千葉市稲毛区弥生町1-33
TEL 043-290-2197
( 千葉大学留学生課
 国際教育センター担当 )
PAGE TOP