日本語の授業

千葉大学国際教育センターHOME >> 日本語の授業 >> 日本語の授業の取り方

日本語の授業の取り方

日本語科目の構成

国際教育センターでは、あらゆる留学生に対応するための日本語の授業を提供しています。基礎的な日本語能力を養成することを目標とする初級・初中級、それに日本語で研究活動を行うための高度な日本語能力を養成することを目標とする中級と上級です。これらはさらに100番台から800番台までの8レベルに分けられており、レベルによって受講対象となる学生が異なります。

また、レベルごとにいくつかの科目が用意されており、それぞれに科目名がつけられています。たとえば日本語803という科目名は、はじめの8がレベルを、つぎの0がキャンパスを、さいごの3が科目番号をあらわします。つまり日本語803は、上級800番台のレベルの、西千葉キャンパスで開講されている3番目の科目ということになります。科目番号はレベルや内容とは無関係です。キャンパスの番号は0が西千葉キャンパス、1が松戸キャンパス、2が亥鼻キャンパスです。キャンパスごとの開講レベルを以下の表に示します。

表 日本語のレベルと開講キャンパス

表を左右にスワイプすると、隠れた部分を見ることができます。

目標 レベル 対象 西千葉(0) 松戸(1) 亥鼻(2)
日本語で研究活動を行うための高度な日本語能力を養成する 上級 日本語800 学部生・J-PAC生
特別聴講学生
日本語700
中級 日本語600 すべての留学生
日本語500 J-PAC生・予備教育生・日韓理工系学部留学生・大学院生・研究生・専攻生・特別研究学生・特別聴講学生 ・研究者
日本語400
基礎的な日本語能力を養成する 初中級 日本語300
初級 日本語200
日本語100

日本語科目の受講に関する優先順位

日本語科目は、日本語予備教育が必要な留学生や交換留学生で単位を必要とする留学生など、学期の最後まで出席できる留学生から優先的に受講できるようになっており、研究生、専攻生、特別研究学生、特別聴講学生(J-PAC生を除く)が日本語科目の受講登録をするには「日本語科目受講資格申請書」の提出が必要です。「日本語科目受講資格申請書」を提出していないとログインができません。

PAGE TOP