アーカイブ

2015年7月 アーカイブ

J-PAC(Japan Program at Chiba)  特別研究発表会を行います

昨年10月から2学期間にわたり千葉大学で学んできた短期留学生による研究発表会を以下のとおり行います。本発表会は、「日本」に関する様々な興味・関心をもとに、「特別研究(文系)Ⅰ」、「特別研究(文系)Ⅱ」という授業の中で、外国語である日本語を使って各自が行ってきた研究成果を発表するものです。
どうぞご自由にご来聴ください。

日時: 7月23日(木)12:50-16:30
    7月30日(木)12:50-15:45
場所: 国際教育センター1階 大講義室

7月23日(木) 
1 日本の小学校の特別活動―係活動を中心に
2 日本におけるネットいじめの発生とその原因
3 囲碁界における師弟関係について
4 日本にある妊娠中絶―タブーがあるかどうかの考え
5 日本テレビアニメのビジネス構造―資金のめぐり方の視点から
6 日本のサブカルチャーで拡大するコミックマーケット―コミックマーケットの歴史と現在
7 アイドルの性的対象化―女性アイドル歌手を中心に
8 プリクラ―社会的機能
9 時代による少女漫画の登場人物の変化
10 七五三の歴史と意味―江戸時代と現代の比較を中心に
11 現代におけるランドセルのバリエーションとその背景-「イオンとハシモト及びセイバン」3つのメーカーを対象に
12 女子高校生の制服に関するファッション意識と行動―女子大学生を対象としたインタビュー調査をもとに
13 日本における大学祭のあり方―千葉大学を例として

7月30日(木) 
1 日本の会社文化―日本で働きたい外国人のために
2 日本のコンビニ店舗におけるレイアウトの特徴と工夫について
3 入浴行動と入浴文化―日本とミャンマーの入浴意識を比べて
4 家庭系ごみ減量化について―千葉市を中心に
5 日本語のオノマトペについて―笑い方の形態と意味を中心に
6 カタカナ英語と英語習得―中高生のよくある間違いの考察
7 役割語と登場人物の性格の関係―英語版との比較
8 首都圏の若者のコミュニケーションにおける関西弁使用―留学生から見る日本の方言コスプレ文化
9 現代日本人の着物についての考えと伝統意識
10 千葉市のマンホール蓋のご当地表面デザイン―作成プロセスとデザイン要素の分析
11 谷崎潤一郎の日本のイメージを作ること

JS&GPW公開プレゼン:映像で伝える「日本における『外国人』」&「和食」を英語でプレゼンする

公開プレゼン:映像で伝える「日本における『外国人』」&「和食」を英語でプレゼン

Public Presentation: Visualizing "Foreigners" in Japan & Presenting about "Washoku" in English

ジャパニーズ・スタディーズ22:ハリウッドにおける「ニッポン」

Japanese Studies 22: "Japanese" in Hollywood

グローバル・プロジェクト・ワーク:「日本」を英語でプレゼンする

Global Project Work: Presenting about "Japan" in English

国際教育センター(CIRE)が開講している普遍教育科目:教養展開科目「国際性を高める」のひとつであるジャパニーズ・スタディーズ (JS)22:「ハリウッドにおける『ニッポン』」とグローバル・プロジェクト・ワーク(GPW):「『日本』を英語でプレゼンする」の最終公開プレゼンテーションを行います。様々な国や学部の学生が専門領域の壁を越え、JS22では海外と日本のメディアにおける「外国人」の表象を、そしてGPWでは多角的視点から日本を紹介する手法を学んできました。当日は、JS22の5つの学生グループが作成した「日本における『外国人』」をテーマにした動画発表、そして3つのグループによる「和食」を題材にした15分間のプレゼンを行います。聴衆の皆さまにもディスカッション(JS22)や投票(GPW)に参加していただきます。来年度の前期・後期にも開講される授業に興味がある方も是非見に来て下さい。また「日本」や「文化」を紹介する機会がある方も是非ご参加ください。

The Center for International Research and Education (CIRE) offers two General Education courses called Japanese Studies (JS) 22: 'Japanese' in Hollywood and Global Project Work (GPW): Presenting about 'Japan' in English. In JS22, students from various countries and faculties learn about racialized representations in American and Japanese media; in GPW, they learn the logic and skills necessary to present about contemporary Japan in English. On July 13, we will hold a public event in which 5 student groups from JS22 will present videos that they created on the topic of "'foreigners in Japan," and 3 groups from GPW will present about an aspect of "Washoku." Each presentation is approximately 15 minutes long. We will invite the audience to discuss about the videos of JS22, and to vote for the best group performance of GPW.

日時: 2015年7月13日(月)

14:30〜16:00 JS22:映像で伝える「日本における『外国人』」

1. Party

2. Non Extreme

3. Normalized structure

4. Twist it

5. 「何人」?

16:10〜17:30 GPW:「和食」を英語で紹介する

1. Chopsticks: The symbolism of washoku (16:15 〜)

2. Bento messaging: Communication through Pikachu(16:35 〜)

3. Expand your thoughts: Health and washoku(16:55 〜)

場所:図書館一階プレゼンテーションスペース Library 1F Presentation Space

*ジャパニーズ・スタディーズ16:テレビリテラシーの学生が作成した日本のテレビ番組に関するポスター発表もあります。There will be poster presentations by students of Japanese Studies 16: Television literacy as well!

JSfinalpresen_posterENG.jpg

JSfinalpresen_poster.jpg

JS&GPW公開プレゼン:映像で伝える「日本における『外国人』」&「和食」を英語でプレゼンする

公開プレゼン:映像で伝える「日本における『外国人』」&「和食」を英語でプレゼン

Public Presentation: Visualizing "Foreigners" in Japan & Presenting about "Washoku" in English

ジャパニーズ・スタディーズ22:ハリウッドにおける「ニッポン」

Japanese Studies 22: "Japanese" in Hollywood

グローバル・プロジェクト・ワーク:「日本」を英語でプレゼンする

Global Project Work: Presenting about "Japan" in English

国際教育センター(CIRE)が開講している普遍教育科目:教養展開科目「国際性を高める」のひとつであるジャパニーズ・スタディーズ (JS)22:「ハリウッドにおける『ニッポン』」とグローバル・プロジェクト・ワーク(GPW):「『日本』を英語でプレゼンする」の最終公開プレゼンテーションを行います。様々な国や学部の学生が専門領域の壁を越え、JS22では海外と日本のメディアにおける「外国人」の表象を、そしてGPWでは多角的視点から日本を紹介する手法を学んできました。当日は、JS22の5つの学生グループが作成した「日本における『外国人』」をテーマにした動画発表、そして3つのグループによる「和食」を題材にした15分間のプレゼンを行います。聴衆の皆さまにもディスカッション(JS22)や投票(GPW)に参加していただきます。来年度の前期・後期にも開講される授業に興味がある方も是非見に来て下さい。また「日本」や「文化」を紹介する機会がある方も是非ご参加ください。

The Center for International Research and Education (CIRE) offers two General Education courses called Japanese Studies (JS) 22: 'Japanese' in Hollywood and Global Project Work (GPW): Presenting about 'Japan' in English. In JS22, students from various countries and faculties learn about racialized representations in American and Japanese media; in GPW, they learn the logic and skills necessary to present about contemporary Japan in English. On July 13, we will hold a public event in which 5 student groups from JS22 will present videos that they created on the topic of "'foreigners in Japan," and 3 groups from GPW will present about an aspect of "Washoku." Each presentation is approximately 15 minutes long. We will invite the audience to discuss about the videos of JS22, and to vote for the best group performance of GPW.

日時: 2015年7月13日(月)

14:30〜16:00 JS22:映像で伝える「日本における『外国人』」

1. Party

2. Non Extreme

3. Normalized structure

4. Twist it

5. 「何人」?

16:10〜17:30 GPW:「和食」を英語で紹介する

1. Chopsticks: The symbolism of washoku (16:15 〜)

2. Bento messaging: Communication through Pikachu(16:35 〜)

3. Expand your thoughts: Health and washoku(16:55 〜)

場所:図書館一階プレゼンテーションスペース Library 1F Presentation Space

*ジャパニーズ・スタディーズ16:テレビリテラシーの学生が作成した日本のテレビ番組に関するポスター発表もあります。There will be poster presentations by students of Japanese Studies 16: Television literacy as well!

JSfinalpresen_posterENG.jpg

JSfinalpresen_poster.jpg

7月17日 亥鼻キャンパス 留学生交流会 が開かれます

「第10回亥鼻キャンパス留学生交流会2015」のお知らせ

 7月17日(金)18:30より、「新ゐのはな同窓会館」において、第10回亥鼻キャンパス留学生交流会が開催されます。

留学生・研究者・日本人学生・教職員・ご家族等、だれでも参加は無料ですので、ご自由にお越しください。

第10回_留学生交流会ポスター[2015].pdf


アーカイブ

海外留学を目指す学生へ

Japanese Studies and Global Study Progam

千葉大学校友会 海外部門

日本語受講登録システム

学部日本語・日本事情科目の取り方

skipwiseが君の未来を変える!

千葉大学国際教育センター

〒263-8522
千葉市稲毛区弥生町1-33
TEL 043-290-2197
( 千葉大学留学生課
 国際教育センター担当 )
PAGE TOP