アーカイブ

千葉大学国際教育センターHOME >> 新着情報 >> 授業 >> 本学短期留学生(J-PAC生)が母国語で製作した国立歴史民俗博物館ワークシート発表会を開催しました

本学短期留学生(J-PAC生)が母国語で製作した国立歴史民俗博物館ワークシート発表会を開催しました

2015年8月4日、本学短期留学生(J-PAC生)が製作した母国語で表現したワークシートの発表会が国立歴史民俗博物館(歴博)で開催されました。

母国語で作るワークシートは、J-PAC生が2014年10月より1年かけて授業科目「特別研究3」(秋学期),「特別研究4」(春学期)を受講し、そこで歴博の研究系教員から専門的な知識の指導を受けながら製作したものです。

ワークシートは歴博にある展示資料をいかに注目しておもしろさを理解してもらえるかを案内するもので、母国から来た来館者にも理解してもらえるように、自らが日本の歴史や文化を理解した内容をもとに母国語で表現できるよう工夫をしました。

2009年10月からこの授業はスタートして今期で第6期です。今年はドイツ語と中国語あわせて6つのワークシートが完成しました。
この取り組みは歴博広報連携センターと千葉大学国際教育センターとの共同授業で行っています。歴博では「千葉大学短期留学生プロジェクト」と題し、さまざまな専門分野の教員の協力により広報連携センターの事業として行われています。1年間の指導を受けた受講生はプロジェクトを完成させたことを証して、歴博から修了証を授与されました。

rekihaku_P8040082.jpg

rekihaku_P8040089.jpg

まずは受講者のワークシートを持ってみんなで館内を回ってみました。

rekihaku_P8040107.jpg

rekihaku_P8040190.jpg

研修室で発表会を行い、自分のワークシートのねらいを説明し、参加者からコメントを行いました。

rekihaku_DSC_0119.JPG

齋藤努教授(歴博広報連携センター長)よりプロジェクト履修を証する修了証が送られました。

rekihaku_P8040229.jpg

一般の来館者が閲覧できるようにワークシートを配架しました。

P8040240.jpg

最後に正面玄関前で歴博、千葉大学関係教員とJ-PAC受講生とで記念撮影をしました。


カテゴリアーカイブ

月別アーカイブ

アーカイブ

海外留学を目指す学生へ

Japanese Studies and Global Study Progam

千葉大学校友会 海外部門

日本語受講登録システム

学部日本語・日本事情科目の取り方

skipwiseが君の未来を変える!

千葉大学国際教育センター

〒263-8522
千葉市稲毛区弥生町1-33
TEL 043-290-2197
( 千葉大学留学生課
 国際教育センター担当 )
PAGE TOP