アーカイブ

千葉大学国際教育センターHOME >> 新着情報 >> ネパール震災義援金についてのご報告

ネパール震災義援金についてのご報告

 国際教育センターが指導する千葉大学国際学生会(CISG)とネパール留学生有志が5月18日から6月12日まで、4週間にわたり、学内外で募金活動を展開した事は既報の通りです。

 西千葉キャンパスでは、昼休み等の街頭募金活動のほか、留学生課(国際教育センター)、附属図書館、生協ライフセンター、フードコートの4ヶ所に募金箱を設置いたしました。

 また、日ごろから千葉大学留学生をサポートくださっている地域ボランティア団体である「財団法人 母と学生の会 千葉支部」、「千葉大学 生涯学習友の会 けやき倶楽部国際理解グループ」、「三井ボランティアネットワーク事業団 千葉大部会」、「千葉ユネスコ協会」(順不同)からも、義援金を寄せていただくことができました。

 松戸・柏の葉キャンパスでは、松戸国際学生会(ISGM)を中心に募金活動が行われ、園芸学部事務室と植物工場拠点事務室に募金箱を設置したほか、「NPO植物工場研究会」からのご支援もいただきました。

 このように、西千葉のみならず、松戸・柏の葉、また亥鼻を含めた全キャンパスの学生および教職員の方々、また学外の方からもご支援をいただいた結果、義援金は、総額491,775円にのぼりました。
 今回の募金活動にご協力をいただいたすべての方々に、心よりの感謝を申し上げます。

 この義援金は、ネパール大使館の口座に振り込み、その後、6月19日に、ネパール人のギミル ハリ パラサドさん(大学院人文社会科学研究科 博士学生)、ジョトスナ ジョシさん(大学院園芸学研究科 交換留学生)、ライ ブワンさん(園芸学研究科 特任研究員)、また松本幸太朗くん(CISG副会長;募金活動代表者;法政経学部生)と見城悌治(国際教育センター)の5名が、東京・目黒のネパール大使館を訪問し、「目録」をマダン クマール バッタライ特命全権大使に直接お渡ししました。大使は、現状とその復興策について、また日本人との交流について、1時間余にわたり、お話をしてくださり、最後には「千葉大学の皆様がたによろしくお伝えください」とのメッセージもいただきました。

 今回の活動に際しまして、西千葉周辺の下記6店舗にも、募金箱の設置協力をいただいております。末尾となりましたが、ご協力いただきました関係各所および各店舗の皆様に、改めての感謝を申し上げます。

【ご協力いただいた店舗(順不同)】
「インド料理 ガザル」、「SAKURA」、「韓国食堂 明(mei)」、
「ROYAL FLUSH DINNER」、「natural trust」


ネパール全権大使への「目録」贈呈
目録渡し.JPG

大使館からの「義援金領収書」
領収書.JPG

生協前での募金活動の様子
生協前.JPG

JR千葉駅前での募金活動の様子
JR千葉駅前.JPG

松戸キャンパスでの募金活動の様子
松戸・柏地区募金IMG_20150519_122413.jpg



カテゴリアーカイブ

月別アーカイブ

アーカイブ

海外留学を目指す学生へ

Japanese Studies and Global Study Progam

千葉大学校友会 海外部門

日本語受講登録システム

学部日本語・日本事情科目の取り方

skipwiseが君の未来を変える!

/

千葉大学国際教育センター

〒263-8522
千葉市稲毛区弥生町1-33
TEL 043-290-2197
( 千葉大学留学生課
 国際教育センター担当 )
PAGE TOP