アーカイブ

千葉大学国際教育センターHOME >> 新着情報 >> 活動報告 >> 国際交流企画―JENESYS交流プログラムによる米国大学生との特別共同授業が開催されました

国際交流企画―JENESYS交流プログラムによる米国大学生との特別共同授業が開催されました

IMG1228.jpg

5月20日 (月)、外務省の実施する米国大学生短期招聘事業での交流プログラム(「JENESYS2.0」及び「KAKEHASHI Project」(北米地域との青少年交流))派遣により、テキサス州のライス(RICE)大学、 及びウィスコンシン州のウィスコンシン大学オシュコシュ校(University of Wisconsin-Oshkosh)から50名が千葉大学を訪問しました。国際教育センター(CIRE)は、国際交流企画として、訪問する米国人学生と千葉大学の学生との特別共同授業(2時限、3時限、4時限)を実施しました。

本交流プログラムは、アジア地域および北米地域と日本国の間で三万人の青少年の交流を通じて、日本経済の再生に向けて、日本の強みや魅力等の日本ブランドや日本的な「価値」に関する理解と関心を深めるために、日本政府(外務省)よりすすめられている事業です。

来日した2大学のうち、テキサス州のライス(RICE)大学 は、ヒューストン市にあり千葉市と姉妹都市にある大学です。また、ウィスコンシン州と千葉県は姉妹県州の提携を結んでおり、ウィスコンシン大学ミルウォーキー校は千葉大学の協定校です。千葉大学からは、約100名の学生が参加し、キャンパスツアー、昼食交流会、サークル体験、2~4時限の授業を通じて、米国人学生との国際交流・共同学習を行いました。

サークル体験は、雨天のため会場の制約があるなか、各団体が素晴らしいパフォーマンスを披露し、米国大学生だけでなく千葉大学の学生にとっても、日本文化を再発見する体験となりました。


IMG1129.jpg
竹葉会による尺八演奏
IMG1125.jpg
ジャグリングチームPossum
IMG1112.jpg
居合道研究会
IMG1113.jpg
アカペラサークルT.o.N.E
キャンパスツアーや昼食交流会では、千葉大生が案内役として米国大学生に学内施設やフードコートについて英語で説明を行いました。
IMG1136.jpg
生協フードコート3での昼食交流会
共同授業を通じて、千葉大学の歴史を学び、日本語によるコミュニケーションや大学生活の違いについて意見交換を行いました。さらに、グローバル化する日本文化や米国と日本におけるアイデンティティについて考え、各々にとって文化について考え、深い気付きを得る機会となりました。
IMG1155.jpg
共同授業「千葉大学の歴史」(見城先生)
IMG1139.jpg
共同授業「日本語でのコミュニケーション」(佐藤先生)
IMG1145.jpg
共同授業「大学生活」(西住先生)
IMG1169.jpg
共同授業「グローバル化の中の日本文化と社会」(小野先生)
IMG1161.jpgIMG1177.jpg
共同授業「米国・日本における「アイデンティティ」」(小林先生、ヤニス先生)
IMG1198.jpg
国際交流企画の終わりに、参加した米国人学生と千葉大生の座談を実施。
IMG1215.jpg
国際教育センター長新倉先生の挨拶と記念品交換

行事:国際交流企画―JENESYS交流プロ グラムによる米国大学生との特別共同授業
日付:5月20日(月)
時間:2時限、3時限、4時限
場所: アカデミック・リンク・センター(付属図書館内)


カテゴリアーカイブ

月別アーカイブ

アーカイブ

海外留学を目指す学生へ

千葉大学校友会 海外部門

日本語受講登録システム

一年次学部留学生の履修方法について

skipwiseが君の未来を変える!

インターカルチュラル・スタディセンター

千葉大学国際教育センター

〒263-8522
千葉市稲毛区弥生町1-33
TEL 043-290-2197
( 千葉大学留学生課
 国際教育センター担当 )
PAGE TOP