支部ニュース

2018.03.22

ガーナ支部からの便り

ガーナ大学のIAST(Institute of Applied Science and Technology)は、地域のコミュニティの産業発展を支援する研究所です。この研究所は、知識や技術を地域の人々に伝える役割を果たしています。

ガーナの千葉大学国際校友会は、多くの大学教授や学生と積極的に協力しています。
George Oduro Nkansah教授は、農業従事者の方に、収穫量を増やすための技術を提供するなど、IASTを通して支援しています。 彼の研究所は経済・福祉・貧困撲滅プロジェクトを主導しています。

現在彼らは、地方の農家、地域の事業者、投資家、さらには大学の教授と学生ら研究者を巻き込み、プロジェクトを実施するための戦略を計画しています。

図1ガーナ.png図2ガーナ.png