支部ニュース

2016.09.09

フィリピン支部ニュース

JICAが設立したSatoyama Meister Training programは、金沢大学、University of the Philippines Open UniversityIfugao State University the Ifugao Provincial Governmentの共同で行われており、そこではフィリピンのコンタクトパーソンでもあるInocencio E Buot Jr教授を含め、たくさんの千葉大学卒業生が貢献しています。

彼らは世界文化遺産であるイフガオの棚田の劣化を防ぐため、ステークホルダーへの教育を行っています。

また、Inocencio E Buot Jr教授は現在、千葉大学園芸学部の学生を留学生として受け入れています。留学生として勉強している軍地さんは、彼女の専門であるマングローブの生態系についての研究を行っています。

サンプル
サンプル
イフガオの棚田
フィリピンに留学中の軍地さん