支部ニュース

2016.08.10

ガーナ支部ニュース

環境制御農業のガーナへの導入

以前千葉大学園芸学部に在籍しており、現在ガーナ大学の教授であるGeorge Oduro Nkansah教授が、ガーナに環境制御農業の導入を始めました。

Nkansah教授は、温室効果に関連する技術を、学生だけでなく、Vegetable Producers and Exporters Association of Ghana (VEPEAG)やGhana Association of Vegetable Exporters (GAVEX)、Youth Enterprise Support (YES)などの農作物の生産者団体にも教えています。

教育は、ガーナ東部にあるUniversity of Ghana Forest and Horticultural Crops Research Centreで行われています。

詳細については以下のリンクを参照してください。(※英語で記載されています。)

Link

サンプル
サンプル
ガーナ大統領の訪問
NKANSAH教授と参加者